活動報告 No.136 ニソコンに行ってきたぞい!
カテゴリ: 未分類
今週で前期の実験が最後な2年のマエダです。
実験による新規レポートの介入が無くなることで、前期の間に進捗が滞っていた深層学習(CNN)の実装方法開拓にようやく手がつけられそうです。

さて、ちょいと報告が遅くなりましたが先日の6月10日(土)に、東京理科大さん主催のニソコンに行ってまいりました。

今年のニソコンは川崎にある東芝未来科学館という所で開催されました。(東芝ァ…)

nisokonn201701.jpg 

我々ヒュー研は全部で6機体の出場でした(エントリー7機体)。各機体の結果は以下の通りです。バトルは詳細に順位が出たところまでで。
 
 機体名   障害物競走   バトル 
 メビウスK   1分29秒   4位 
 FHR   1分53秒   ーーー 
 墨   30秒   ーーー 
 サツ・マイモ  1分24秒   ーーー 
 テオ   2分54秒   ーーー 
 釣り式   1分51秒   ーーー 

障害物競走では墨の30秒で部内最速、ニソコンでは2位タイの結果でした。バトルは4位のメビウスKが部内トップでした。メビウスKがとてもエネルギッシュでした。

ちなみに私は機体を持っていないので、会場に行って控え室とを行き来していました。遠かったですねー、今年も去年の未来科学館みたいな感じかと思いきや今年はなかなかトリッキーな会場になったものです。まあ会場に行く途中や休憩タイムの際は周りのイベントを見て回って楽しめたので個人的には(足の疲労感を除いて)とても良かったです。
現場にあまりいなかった自分がこうしてブログにて感想を書くのはちょいと厳しいですが、結果だけ見るとニソコン3~4日前に完成したばかりのテオはともかく、全体的に歩行モーションが良いんじゃないかと思いました。小型機体にとってはコースの段差に苦労した者が多いようです。一枚板ならFHRや釣り式はもっと良いタイムが出せたんじゃないかな。10 mm以上足あげないとって言われるかもだけどROBO-ONE本部は多分そこらへん黙認しているし...
バトルについては今年度から部内戦が定期的に行われているので、それを通して徐々に各オペレータの習熟度が上がって行くのではないかと思うので、9月にあるROBO-ONEに期待です。

nisokonn201702.jpg 

私事ではありますが、先日企画書を発表して、ついに自律型機体の製作が本格化することにな...るはずだったのですが、、、発表まで今年の予算の分でサーボを買えばギリ足りるかなと思って発表したのですが、発表当日に1年生が4000番台をガッツリ使う企画書を作っているとSAに言われ、その時点で自分の作りたい自律式機体製作の夢は潰えました。。。この前サーボの配置図見たときはフル2000番台だったのだが...まあしょうがない。
というわけで私は既存の機体にラズパイとカメラを載せて頑張ってあの4HVも使いつつ自律制御できる方法を模索しております。深層学習による機体の分類器はあと2~3週間もあれば作り方だけ確立できそうなので、ラズパイと4HV間の通信が未だにネックです。

だんだん自分の話に入っていきそうなので、そこらへんはまたアタマの中が整理できてから別の機会にブログにするとしましょう。
ほんじゃ待ったの〜( ^ω^)二⊃ブーン

スポンサーサイト
編集 / 2017.06.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR