活動報告No113 (近藤科学の)サーボホーンの話
カテゴリ: 趣味
どうもどうもこんにちは
新年あけましておめでとうございます
オダです。└(┐卍^o^)卍ドゥルルル
今年もヒュー研ブログは普段通りに真面目なヒュー研活動をお送りしていきたい所存でございますので
コンゴトモヨロシクお願いします

そういえば、
持っているタブレットが中古のせいかバッテリーの持ちがよくないので、
充電しながら動画をたれ流せるスタンドを探しに、ふらふらと某100円均一をうろうろしていたら、
こんなん見つけました
充電スタンド
赤丸の所にmicroUSB端子があって充電可能、お値段100円+税
さっそくタブレットを置いてみたのですがこれ
逆ゥ
端子逆向きじゃねぇか└(┐卍^o^)卍ドゥルルル

はい、今回は近藤科学のサーボホーンを色々と使ってみた感想等をまとめたいと思います。
「うん、知ってた」といった内容のものを書くかもしれません。
そんなときは更新が止まるよりマシと思って「SKATE3」とかで遊んでいて下さい。

この主観レビューが後輩とかが機体を作る際のサーボホーン選択の一助となれば良いですね。
とりあえずサーボモータの出力側につける「サーボホーン」4種類について
まず画像↓
ホーン4種
左から「アルミローハイトサーボホーン(ガンメタリック)」、「ローハイトサーボホーン」、「小径ホーンB」、「アルミクランプホーン」の順で紹介します

「アルミローハイトサーボホーン(ガンメタリック)」
ローハイトガンメタサーボホーン
おそらく電大ヒュー研で一番使われているサーボホーン。
小型機体にも大型機体にも使える万能型でローハイトの名の通り薄いです。
しかしサーボへの固定が甘いとガタついてセレーションが削れます。ホーン側が削れるだけなら交換すれば良いのですが、ファイナルギアのセレーションが削れると交換が面倒です。
あ、寸法とか図面は近藤科学さんの商品詳細ページからご確認ください。

「ローハイトサーボホーン」
ローハイト樹脂サーボホーン
次いで電大ヒュー研でよく使われているサーボホーン。
寸法は「アルミローハイトサーボホーン(ガンメタリック)」全く同じですが樹脂で作られているため軽量です。
小型機体を組み上げて1005[g]とかになったときはこのホーンに取り換えれば1[kg]以下に抑えられます多分。
ただし所詮樹脂製なのでセレーションがアルミ製よりお亡くなりになりやすいです。(ファイナルギア側のセレーションが削れることはありませんが・・・)
個人的には軽量化だけを目的とするなら次に紹介する「小径ホーンB」の方が好きです。

「小径ホーンB」
小径ホーン
電大ヒュー研では来年度予算で買うことになったこれまでは使用していなかったサーボホーン。
他のサーボホーンに比べて直径が16[mm]と小ぶりな上樹脂製のため大型機体には向きません。
というか使いものにならないと思う。
単価も12個入り1,500円+税ととってもリーズナブルです。まぁとにかく軽い、ちっちゃい、安いので小型機体に適しています。
あ、こいつの寸法でブラケットを作ると他のホーンは使えません。
これ使って小型機体作ります(予定)


「アルミクランプホーン」
アルミクランプホーン
電大ヒュー研ではKRS-40XX用のものは使用していなかったサーボホーン。(KRS-6003には同名の別物を使用しています。)
見ての通り一番ごつくて重いです。大型機体用ですね。一番の特徴はその名前にある通りクランプのような構造をしています。
アルミクランプホーン2
上の画像のように黒い飛び出しているキャップボルトを締めることによりセレーション部を締め付けることができます。
つまり、セレーションのがたつきがほぼなくなります。やはり機体のモーションの精度を上げるにはサーボとかの遊びができるだけ少ないことが重要ですからね。ホーンの交換も年に1回くらいのペースで良いのでサーボホーンの中では一番高価ですが割と経済的です多分。
デメリットは高い、分厚くて重い、こいつのためだけにM2.6×5のネジが必要、これ用にブラケットを作ると他のホーンは使えない
サーボに組み付けるときのM3ネジが専用のもの↓
専用と思わしきM3ネジ
まぁこれは代用が効くので無くしても問題はありません。というかいくつか無くしました。
あ、でもあの小さいキャップボルトは無くすと大変なので気を付けましょう。

こんな感じです。フリーホーンについてはまた今度のブログネタにしたいと思います。というかこのまま続けたら記事が長すぎる。

じゃあ次回をお楽しみに└(┐卍^o^)卍ドゥルルル
次回はどっちが書くんですかね?タカハシ氏はそろそろ埼玉に帰ってきているのかな?。└(┐卍^o^)卍ドゥルルルルルルルルルル
スポンサーサイト
編集 / 2017.01.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR