活動報告No.102 IEEE中南米ロボコン Competition
カテゴリ: IEEE中南米ロボコン / テーマ: 趣味と日記 / ジャンル: 趣味・実用
「Obrigaso!」(ポルトガル語で元気です)

時差ボケが滞在4日目にして襲い掛かってきた二年高橋です。体調を崩すわけにはいかないのでレポートなど一切せずばっちり睡眠をとりました(笑)レポート終わるんかな。。。。

昨日ですが前日のトラブルもあったので一回だけ試走しました。一応問題ないのでせっかくだしもう少しタイムを詰めて記録を狙おうと思いモーションを見直していましたが、その矢先やはりセレーションが滑りました。瞬間接着剤で固めてもサーボのトルクが非常に高いのでやはり耐えられないですね。ということで再度修理をして明日一発勝負でタイムを出すことにしました。

という作業が午前中。そのため午後は時間が余ったので他のチームと交流を図ろうということでいろいろと交流してきました。

DSC_0286.jpg
ブラジルのチームのロボット。ほとんどのチームが既製品を使う中、このチームは完全自作でしたのでいろいろと見せてもらいました。自分の稚拙な英語でも丁寧に説明してくれたので本当に助かります。マイコンはmbed(たぶん)を使っており、それのインターフェースのために変換モジュールなどを自作しているそうです。ちなみにカメラの上のひげがチャームポイントなのだとか。

HRR以外にも今回のコンペティションではやっているのでそれも見てきました。

20161011_165012998.jpg
こちらはおそらく個人がスペースをもうけて論文発表形式で発表するもの。記念に一緒に写真をとっていただけました。残念ながらポルトガル語で読めませんでしたが、顧問の方を通してざっくりとやっていること(二足歩行)を教えてもらいました。自分が日本から来たということを言うと興味を持ってもらえたので簡単に大学や参加する競技の説明をしました。

ブラジルの公用語はポルトガル語で一般の方は英語ができないかたが多いですが(日本と同じ)、学生などの教育機関にいる人だと英語がほんと上手でうらやましいです。おそらく今回のロボコンも英語がもっと流暢に話せれば今の3倍は楽しめるのではないかと思います。もっと英語が話せれば.....とチーム全員が渡米以降100回ぐらい思っています。

今日はFinalになるのでしっかりと完走できるように頑張りたいと思います。チェアマンに聞いたところ今のところ我々より速いチームは出ていないのでこの調子でいけば最速でゴールできるかと。ただセレーションがとてつもなく心配です。。。。。

レシフェより:現地時間午前9時更新

Para entrar em contato com o nosso time, escreva ao e-mail abaixo:
team_genji2008arrobahotmail.co.jp
TDU (Universidade Tokyo Denki)
Ryo Takahashi, Takahiro Kitagawa, Akimasa Oda
スポンサーサイト
編集 / 2016.10.12 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR