機体紹介2013 その4
カテゴリ: 痛い連載
イシハラです~
今週は中間テストやレポートがそこそこあるので忙しくなる前に機体紹介をしておきます。今週の機体紹介はこれ一回きりになってしまうかも...(^_^;)


今週は軽量級機体から2台を紹介!機体紹介もそろそろ後半戦かな?
クーポス
機体名:クーポス
身長:330mm
体重:1060g
解説:3年生が1人で開発した機体で、他の機体よりパーツ数が多く見た目以上に複雑な構造が特徴。
本来部品数が多いことは体重の増加に直結してしまうのだがこのクーポスは胴体などの一部のパーツにヒュー研内ではスタンダードな素材であるアルミより軽くて丈夫なABS樹脂を採用することで体重の増加を防いでいる。ABS樹脂は腕部にも採用されており、これによって従来のヒュー研機体には見られなかった「大きくて丈夫な腕部」が形成されており、他の軽量級期待より優れたリーチと攻撃力を持つ。
塗装などはしていないが危険色(踏み切りに使われているあの模様)の柄が施されたテープを胴体に貼ることによってキャラクター性を出している。ぐれん。(*全塗装で製作された機体)を製作した筆者から見れば「色をつけるときはスプレー等で”塗る”よりカッティングシート等の”貼る”ほうが作業効率が格段によい」ことを痛感させてくれる1台。

ロッキー
機体名:ロッキー
身長:300mm
体重:990g
解説:現2年生が1年の頃に製作した軽量機体。隻腕(片方しか腕がない事)が大きな特徴であり最大の武器である。
両腕分のサーボモータを1つの腕につぎ込んでいるため、通常の軽量級機体ではできない多彩な攻撃を繰り出すことができる反面、片腕にしたことによって機体バランスが悪く扱いづらく攻撃方向が限られている等の欠点も存在しており総評としては「高い攻撃力を持つが扱いづらい上級者向け機体」といったところである。
名前の由来はもちろんあの某有名ボクシング映画からである。

以上クーポスとロッキーでした!
今日はこの辺で、そろそろ中間テストの勉強でもしてきます(笑)

おまけ
ロボカード クーポス
ロボカード ロッキー
クーポスは解説でも述べた危険色を、ロッキーは昔の映画のタイトルが名前の由来と言うところに着目してどこかレトロ調なカラーリングを背景にしてみました(笑)
スポンサーサイト
編集 / 2013.11.18 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR