活動報告No.126 FEALAC賞受賞者来校
カテゴリ: IEEE中南米ロボコン
どうも東北出身の二年タカハシです。
関東で東北出身の人と会うと何となく親近感わきますね。

さて表題の通り3月28日に本学へFEALAC賞受賞者が来校しましたFEALAC賞とは昨年我々が参加したIEEE中南米ロボコンにて、外務省とIEEEの協力により設置された賞で日本への招へいチームの選考も兼ねています。詳しくはこちら→外務省サイト

午前の研究室巡りでは主にメカトロ系の研究室を4つ程回りました。比較的専門性の高い説明をこちらがしていても鋭い質問をしてくるあたりブラジルの学生も伊達ではないなと感じました。

S_5858056179996.jpg特に自動車工学研究室は受けが良かったです。万国共通でメカ好きの学生は車好きなんですかね(笑)ヒュー研に関係ない気がするけど....まぁいいか。

午後は我々ヒューマノイド研究部のプレゼンを行いました。

CIMG7498.jpg どういった活動をしているのかやロボットの作り方について英語で紹介しました。プレゼンは北川、司会は高橋、英語→ポルトガル語の通訳はブラジルの学生で行いました。ブラジルの学生がわからない単語を僕が間に立ってサポートする形でしたが”グラインダー”の概念がうまく伝えられなかったのが心残りです。

IMG_4881.jpg そのあとの残り時間は文化祭同様ロボットの体験操縦の時間としました。FEALAC賞受賞の学生は僕らとは逆に自律ロボットしかやったことがないのでこういったロボットの操縦は新鮮だったようです。

IMG_4900.jpg 〆にFEALACチームとヒュー研での記念写真を取りました。今後もコンタクトを取りたいとのコメントを頂いたのでヒュー研名刺を交換しました。名刺作ってくれてありがとう、グッジョブ後輩。

自分の稚拙な英語がどれほど通じているのか疑問なところもありますが、我々には共通の言語がなくとも共通のものづくりに対する姿勢があるので実際にものを見てもらうことで価値観を共有することが出来たのではないでしょうか。モノはコトバを超えるってね。

ポルトガル語で感謝の意を示しこの文章の終わりとさせていただきます。
Obrigado!
スポンサーサイト
編集 / 2017.03.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR