活動報告No.107 ニソコンmini(東京理科大)行ってきました。
カテゴリ: 大会 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
最近ラズベリーパイを始めたタカハシです。ケーキじゃないよ、マイコンだよ。
IEEE中南米ロボコン出て以来は自律画像処理やりたいんですよねー。がんばりたい。

さて先週ですがニソコンminiに行ってきました。
そのことをざっくり紹介します。

ビーチフラッグ競技
Image_bbfbe67.jpg

ビーチフラッグの前にアスリートがあったみたいですが、寝坊したのでよくわかりません。(てへぺろ)ビーチフラッグは機体の接触がないので小型も大型も同じ土俵で戦えるのがいいですね。この競技ではわれらがマーキュリー(またの名をランプランサス)が圧倒的速さの起き上がりで無双しました。

バトル
Image_fd255b0.jpg

バトルは安定のディザイアが決勝まで勝ち進みました。なんとクロムキッドに準決で勝ったんですよ?普通にすごくないですか?

操縦体験
Image_a1cd089.jpg

ガンガン動かしもらってお子さんに楽しんでもらいました。ヒュー研の燃料はキッズたちの笑顔だぜ!的な。

集合写真
Image_7595cb1.jpg

ROBO-ONEで活躍されている機体が多数参加しており充実したものとなりました。参加者および運営の東京理科大様、このような機会をいただきありがとうございます。またの機会にお声がけくださいませ。

詳しくはこちらを参照のこと。
公式第12回ニソコンmini 結果

ps.なんか次のROBO-ONEからROBO-ONE autoが始まるみたいです。自律をこれからやろうという立場からはすっごい気になる。と思う午前4時半。今日は秋葉原で買い出しだー。眠い
スポンサーサイト
編集 / 2016.11.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.106 IEEE中南米ロボコン後日談および総括
カテゴリ: IEEE中南米ロボコン / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
複雑系、堕落論、ドグラマグラ、買った本は読まずに積み重ねていく二年高橋です。

さて表題の通りIEEE中南米ロボコンの後日談ということでブラジル渡航で今まで書いてないことを徒然なるままに書いていきます。

今までは主にロボコンをメインに書いていましたが、今回の渡航というのはJuntos!!中南米対日理解促進交流プログラムという枠組みの中で参加しているため、ブラジルの文化理解ということで様々なところに足を運びました。今回はその中で印象に残ったもの等を写真を貼りつつ説明していきたいと思います。

Image_ade40b3.jpg
ブラジルの車窓から。ブラジルではこういった落書きを巡ってギャングたちが抗争を繰り広げるのだとか。そのためあらかじめ壁にはアーティストたちが落書きされないように先に絵を描くそうです。↑はその一つですので落書きにはあてはまらないですね。先に描いてしまうという発想が日本にはなく面白いなと思いました。

Image_04245a0.jpg
ブラジルの歴史を一枚の壁画に表したもの。ブラジルは日本の鎖国とは逆で常に国外との人と物の流入がありましたので争いが絶えなかったようです。その辺がこの壁画に表されています。

Image_69f1444.jpg
ブラジル三大カーニバルに数えられるオリンダのカーニバルで使われる巨大人形。日本でいうねぶた的なもの。祭りの際にはこれを背負って練り歩くのだとか。ちなみに右奥の白髪の男性はニュートン・イシイという日系人でブラジルの汚職取り締まりに尽力したそうです。

Image_5850087.jpg
世界遺産オリンダの街並み。海のエメラルドグリーンの輝きと屋根の赤レンガのバランスが非常にきれいですね。また奥に見えるビル群がブラジルの急速な象徴していて興味深い景色でした。

Image_b93d302.jpg
サンパウロ日本領事館訪問時での全体写真。今回の渡航での成果や感想を領事の方に報告しました。報告を通して自分たちの考えや感じたことをまとめることが出来たと思うので良い機会だったと思います。

全体的に振り返ると自分は国外で自国についての発信を行うというのはなかなか難しいものだなと感じました。発信のツールである英語力はもちろんですが、その国と日本の関係性や文化の違いを理解するということがまず重要なことだと思いました。

今後は大会等の場でこういった活動をしていることを広報していき、より優れた力のあるチームの参加等につなげていきたいです。

最後に今回の渡航を支援していただいた外務省様、渡航の全般のサポートをしていただいたJICE様、日本チームとして様々な手助けをしていただいた仙台高専チーム様、東工大チーム様に感謝の意を示し総括を終わりたいと思います。

ありがとうございました。心から感謝しております。


ps.今日は待ちに待ったニソコンですね。と思う午前4時。お休みヽ( ´_`)丿
編集 / 2016.11.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.105 鳩山祭まとめ
カテゴリ: 鳩山祭 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
「ブラジルから帰ったら聲の形見に行こうぜ!」と宣言しておきながら結局レポートを優先した二年高橋です。

今回は先週末行われた鳩山祭について簡単にまとめていきたいと思います。
今年の鳩山祭ですが例年通りロボットバトルのイベントを開きました。

ポスターはこんな感じです。
Image_7e119c0.jpg

これだけ見ると「おっ楽しそうやな!」と思われがちですが、
現実は徹夜でモーション付けのデスマーチです。

うーん(゜-゜)どうしてこうなってしまうのかね。三年連続だよ。来年は9時消灯を目指そう(心の底から)

さてそんな裏事情はさておき肝心のイベントですが5日11時の初イベントで
「あれ、おかしいな客が全くこない………だと…・…。」
という不穏な空気の中始まりましたが、お昼過ぎには来場者が増えてきて
Image_7204b5a.jpg

御覧の通り教室いっぱいのお客さんにいらしていただきました。(本当はもっと満員の時もあったが満員過ぎて写真が取れなかった。あと逆光で申し訳ない。。。。。。)
昨年度と比較してもかなり多かったように感じます。来場者数とかもカウントしても良かったかもしれませんね。

客層は4割がキッズ達、2割保護者、3割一般の方、1割マニアのおじさまといったところでしょうか。

かくいう私はIEEE中南米ロボコンJuntos!!中南米対日理解促進交流プログラム)の説明を一般の方向けにやってました。
Image_c3a0c55.jpg

英文のペーパーですが抜粋してロボコンとロボットの構成について説明しました。今回は文化祭という構成上ロボコンメインに説明しましたがブラジルについて聞かれることも多々あったのでプログラム全般に関しても説明をこれからはしていきたいですね。

全体的に振り返るとイベントの運営としては昨年に比べてはよく立ち回れていたと思います。問題があるとすればロボットの出来具合ですかね。徹夜モーションじゃガタガタなわけですよ。見てる方もやっぱりそれでは動かしてみたいという気持ちにもならないわけで。その辺を反省していきたいですね。

最後に来場者様の皆さんありがとうございました!

ps.来週はニソコンminiですね。
編集 / 2016.11.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.104 文化祭のお知らせ
カテゴリ: 鳩山祭 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
やらなきゃいけないとが次から次へと押し寄せて、やりたいことは何にもできてない二年高橋です。
単純にさぼり症なだけかな。ははははh

さて表題の通り
今週末の5日、6日文化祭を開催いたします。
ヒューマノイド研究部は6103教室でロボットの体験操縦を行います。

パーツを破壊した後輩を慰められるのは来場者様の「面白かった!」の一言です。
ぜひいらしてください!!!お待ちしております

↓現在の一年生の様子
S_5145307252636_2016110212140547b.jpg
伸びてます
編集 / 2016.11.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR