活動報告No.97 ROBO-ONEの結果報告
カテゴリ: 未分類 / テーマ: 趣味と日記 / ジャンル: 趣味・実用

二年の高橋です。

今回は先週行われたROBO-ONEについて報告します。

ヒュー研からはROBO-ONElightに3機体とROBO-ONEに3機体出場しました。
結果だけ先に申し上げると、

ROBO-ONE light
水星(一勝一敗)
スプラウト(一勝一敗)
ソルガムコーン(二勝一敗:ベスト16)

ROBO-ONE
アストラエア(予選落ち)
ディザイア(予選落ち)
カムイ4号(予選落ち)

ROBO-ONElightは出場選手全員が初戦を突破し初日は勝ち越すことができました。
ROBO-ONEは今回は予選で10mmの障害物が設置され、それらを乗り越えることができず本戦には出場できませんでした。

大会を総括するとROBO-ONE lightでは前回までは自作機が優勢でしたが、今回は市販機と自作機の力が拮抗しlight級の主旨である初心者でも参入しやすいという点が達成されたのかなと感じました。ROBO-ONEでは今回から障害物がより厳しいものとなり参加者の半数以上が予選を完走することができませんでした。しかしながらやはり安定した歩行ができる機体は20秒前後で完走ができていた。これは運営側の歩行動作のレベルアップという意図がうまく機能したのだと思います。

個人的に気になった機体としてはROBO-ONE lightではOne shot(大阪電気通信大学自由工房)

小型の素早さという点が非常に優れており、かつ技の多彩さが素晴らしい。今回から追加された同じ捨て身技は使えないというルールを考えれば技の多彩さを持たせることは重要でしょう。

ROBO-ONEではアンサニ7号(アンサニ)

今回大会の動画がなかったので前回大会のものになってしまったが注目すべきは歩行時における脚の上げ幅だろう。前述した通り今回の予選では障害物を乗り越えられず転倒や落下する機体が相次いだが台湾勢の機体は動画の通り脚の上げ幅が大きく安定した歩行で決勝まで順調に駒を進めていた印象がある。前回大会から障害物が設置されより歩行の精度が要求されるようになっているため、いかにして勝つかということも重要だがこれからは予選を突破するためにジャイロ等を利用した歩行精度の向上が必要となるだろう。

以上ROBO-ONEについての報告でした。

参加者の皆さんはお疲れ様でした。

P.S.近日中新しい取り組みについてブログにて報告しますのでお時間のある際にご確認ください。おそらく土曜の夜あたりになるかと。
スポンサーサイト
編集 / 2016.09.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.96 明日はロボワンですね。
カテゴリ: 未分類 / テーマ: 趣味と日記 / ジャンル: 趣味・実用

高校の入学祝に買ってもらった腕時計を無くしたタカハシです。

最近は物忘れがひどいですね。コンビニに自転車で行って自転車をコンビニに忘れるレベルです。
授業が始まって疲れてるのかな?それとも先週の成績発表で精神的ダメージを受けたのかな?

さて、いよいよ明日、明後日はROBO-ONEですね。

ヒューマノイド研究部は基本的にはROBO-ONEをメインに活動しているので今週はいつも以上に部活らしい雰囲気でした。(常に部活らしい雰囲気であってほしいものですが。。。)

一部では「パーツが足りない」とか「モーション付けの時間が無い」とか悲鳴が聞こえていましたが、何とかなりそうです。
2階の某ロボット系団体にも言えることですが余裕をもって製作しエントリーする頃には完成していて、大会一週間前は調整だけの状態にしようよ?(ブーメラン)

DSC_0228.jpg
↑機体重量が本来1000g以下だが1002gになってしまい減量に取り組む部員SとF。結果20gほど軽くなったとか。
僕らが通う鳩山キャンパスは山の上にあるので大会会場に行くと重さが増えてたりするため注意が必要です。

まぁともかく明日明後日は選手はベストをつくし、観戦者はいろいろな機体を見てモチベーションアップにつなげたいですね。

それではまた来週(^^)/  


大会参加の方はまた明日( ̄^ ̄)ゞ
編集 / 2016.09.23 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.95 これなんか使えそうだな?
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
お久しぶりです。タカハシです。

夏休みも残り4日ですねー。あっという間ですねー。明日は成績発表ですねー。留年確定する人はするんだろうなぁー。

さて皆様はROBO‐ONEまで残り3週間ですがいかがお過ごしでしょうか?

現在のヒュー研はというと2、3年生はもちろんROBO‐ONEに向けて加工やらモーションづけをしています。
1年生は全班が企画書が終わり図面を書いているところです。

正直一年生に関しては例年に比べるとペースはやや遅めですね。徹夜で作業だけはくれぐれもないようにしたいものです(真顔)。

さて表題の通り今回はこれがあったら便利?使い道ありそう?と思ったものを独断と偏見で紹介していきます。

「別に会計のあんたに買って欲しいわけじゃないんだからね!/////(ツンデレ風)」

1点目「ポリイミドテープ」
T-09380.jpg

秋月電子通商より←リンク有り
えっなにそれおいしいの?  うん。俺だって昨日初めて知ったわ。
画像を見てわかる通りパソコンとか家電に入ってるあれと同じですね。(分解したことないとわからんか...?)
こいつは耐熱性と絶縁性を兼ね備えた素晴らしい一品なのです。どのくらいすごいというとテープの上ではんだ付けできるレベルです。すごいね。

絶縁のためにゴムテープつかってる人を見かけるけど(主に部内)、あれ使うよりこっち使った方がいいんじゃないかぁ?ていうかゴムテープ使うとベタベタになるし、すぐはがれるし、せめてポリイミドじゃなくていいからちゃんとした電子工作向け絶縁テープを使う方が良いでしょう。値段も高くないし。だから買えよ。ゴムテ―プはヤダ(´・д・`)ヤダ

2点目「ナイロンナット」
二足歩行ロボットは全身動くので締結部がまぁ緩む緩む。去年の文化祭では上半身と下半身が危うく取れるところだった。ねじロックで固定するのも策ですが、個人的好みからここではナイロンナットを紹介してみます。ナイロンナットはナットの先にナイロンをつけることで緩みを防止することができます。使えばわかりますが、まず緩まないですね。ですがこのナイロンナットには欠点があります。それはでかい&重いということです。その点をふまえると大型ならまだしも小型だと設計上やや邪魔になりそうですね。
しかしその欠点を克服したものがありました。

薄型タイプ
b114658.jpg
洛西モデルより←リンク有り
厚さがM3でt=2.8mmなのでかなりのスペース節約になるかと。

軽量タイプ
HP31 0032
Niftecより←リンク有り
素材がステンからアルミに変更されており、おそらくその分アルマイト加工をして強度をあげているのかな?
正確にグラムは図っていないがおそらく通常の半分かそれ以下の重さ。機体重量で切羽詰まったらこれらを見直すのもありかな。

まぁ緩みにくい加工方法や設計を心がけるのが一番なんだけどね。ナイロンナットはロボット系のショップよりラジコン系のショップの方が充実してる。筆者は秋葉原のRCアドバイザーチャンプ(←リンク有り)でこれらを見つけた。ちなみにやや駅から遠め。

とまぁ徒然なるままに書いてみました。僕のこだわりとして設計の最適化(無駄に理想が高い。だかた彼女もできない)があり壁によくぶち当たるのですが、そんなとき案外既製品のパーツをいろいろと見てみると解決できたりします。そんなこともあるのでパーツとかは通販で買わず、実際に秋葉に行って買うのもオススメだったりします。特にRCアドバイザーチャンプはいろいろと応用できそうなパーツが多かったなぁ。

そういえば今日はKONDO_BATTLEがあるんだった。来週は参加者のオダ氏がきっと喜んで書いてくれるに違いない...だろう。

それではまた来週(^-^)/
編集 / 2016.09.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR