活動報告No.92 さようならレポート。こんにちは夏休み。
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
泉の女神「貴方が落としたのはこの金の斧ですか?それとも銀の斧ですか?」

電大生「いいえ、ぼくが落としたのは単位です(´・_・`)」


お久しぶりです。タカハシです。電大も夏休みが始まりました。しかしながらちゃんと単位が取れているのか皮算用しながら生活するのもいやですね笑

まぁせっかくの夏休みなんでレポートや考査で進捗していなかった部活を進めていきますかね!
ブログの更新頻度もあがるかもしれません。(一年生あたりに書かせてみようか...?)

僕は最近はソフト面の充実ということでArduinoでの二足歩行ロボットの制御を目指してます。とりあえず無線コントロールを試してみました。
材料
・VS-C3(ps2互換)
・Freaduino Uno(Arduino Unoの優秀なパチモン)
・ジャンパワイヤ(オス-メス)

大いに参考にさせていただいたブログ
ナッキィーのロボットガレージ←リンク有り
ROBOMIC←リンク有り

VS-RCV3のピンアサインが無かったので調べてみたところこんな配置でした。
4562179395791_1.png
ごめんなさい⑤と⑥逆でした○| ̄|_
1pin:NC 2pin:NC 3pin:DAT 4pin:CMD 5pin:SEL
6pin:CLK 7pin:+5-7V 8pin:NC 9pin:+3V 10pin:GND
となってるおりこのうち6本を使い

VSC3→Arduino
pin3→pin12
pin4→pin11
pin5→pin10
pin6→pin13
pin9.→3.3v
pin10→GND
と接続

あとは先人の知恵(PS2X_lib←リンク有り)をlibraryに追加してArduinoに書き込むだけですね(詳しくは先にあげたブログを参照のこと。)
ちゃんとできてればVS-C3のLEDが同期できてるよーって光ってくれます。
DSC_0173.jpg

シリアルモニタをみると押したボタンに合わせて表示されます。見えないね。まぁやればわかる。
1468761089934.jpg

ロボットをコントロールするならif文のSerial.printをサーボの制御に書き換えればいいだけっすね。ただグローバル変数の領域を圧迫しすぎかな?まぁ俺が使うのは328じゃなくて32uだから....わからん。
Arduinoのいいとこは所詮凡人の発想などすでに誰かが世界でやってるので、その知恵を借りて自分の作りたいように切り貼りさえすればいいとこですね。

社会人は金があるが時間が無い、学生は時間があるが金が無い(一概にいえるとは言えないが)。
コード書くのはタダですし、Arduinoなんて数百円でパチモン売ってます。学生の皆さんいかがでしょうか?

次週はたぶん一年生が書くかな...?
ではまた来週(^^)/
スポンサーサイト
編集 / 2016.07.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.91 ~ 近藤科学サーボギア交換編 ~
カテゴリ: 未分類
どうもどうもこんにちは
最近はポケ○ンG○が配信されたせいか学内をうろつく学生が増え、
「あぁ、電大ってこんなに人いるんだぁ」と思う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか...
メガテンGOはまだですか?オダです

今回もまじめに活動報告ということで近藤科学さんのサーボギア交換をネタに書いていきます

といってもただ単に「交換しました」じゃあ味気ないのでちょっと違うギアと交換しました
まずこちらを見てください↓

KRS-4033HV
スピード:0.12s/60°
トルク:30.6kgf・cm

KRS-4034HV
スピード:0.17s/60°
トルク:41.7kgf・cm

近藤科学のサーボモータKRS-4033HVKRS-4034HVのスペックです
4033はスピードタイプで4034はトルクタイプになっており、ヒュー研はなぜか4034がたくさんあります
「これ、ギアとか変えたらスピードタイプになるんじゃね?」と思い早速調べてみる...
調べた結果がこれ↓近藤科学のページより KRS-4000/6000シリーズ用サーボギヤ対応表←クリックで別ページを開きます

表01

交換可能なギア4つのうち2つは同じものを使っているッ
すなわち2つ交換するだけ
これは買わねば(2つ合わせても1000円+税だし)

というわけで秋葉原のツクモロボット王国で自費で買ってきました
予算で落としゃあよかったかなぁ...

そして交換した結果がこれ↓gifにしてみました(^^)

3334_1.gif

動いてる~ 右側スピード変わって速くなってる~
さらに隣にKRS-4033HVを置いて比較してみると

3333

スピード一緒じゃん!やったねヒュー研に4033が増えるよ!

今回は大して中身のなさそうな検証ネタになってしまいましたが、夏休みに入ればブログ担当がステキな記事を書いてくれると思うので次回もお楽しみに(^-^)/
このgif画像そのうち「ネットで拾った変な画像」みたいなネタにされそう

編集 / 2016.07.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.90 ここだけの無料で使えるCADの話。
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
お久しぶりです。機体作る作る詐欺師のタカハシです。
自分は設計は緻密にやる派なんでモーター1個の配置を考えるだけで数時間なんてことがざらにあります。早く夏休みに入ってのんびりとアニメ見ながら設計をやりたいものですね。
ロボワン間に合うのってか?....さぁな、はっはー(゚∀゚)(゚∀゚)

さて最近の部活の様子ですが、
一年生の企画書発表が始まり3班中2班が通過しました。
去年僕は企画書で班員が一切手伝ってくれなかったためかなり苦労した記憶があります。そのため企画書を通過した班を見ると少しほっとしますね。
残り一班も頑張るんだ!ファイトだよ!

一年生の流れとしては企画書が終わると次は図面ですが、今回はヒュー研で主に使っているCADを紹介したいと思います。
CADはやはり高価なものが多く、有料ではちょっと....というのは正直な話ありますよね。
安心してください。全部無料ですよ(もうこのネタは古いのだろうか...)
まず初めに2DCADから紹介します。

鍋CAD(←クリックでサイトにジャンプします)
鍋CAD
新入生は製図の基礎を学ぶため2Dから始めるので、部員全員が最低このソフトは使えます。このCADの説明をすると2DCADでオート機能が非常に優れています。ぶっちゃけAutodeskよりオートです笑。また出力が独自形式以外にdxfもあるので他ソフトとの互換性も優れています。一応体験版のため無料という形で容量に制限がありますが、正直今まで容量を超えたことは無いです。2DCADでロボットの設計を初めてみたいという方にお勧めです。

次に3DCADを紹介していきたいと思います。といっても正直まだ部内では3CAD浸透してないっす( ノД`)。そのため大変恐縮ながら自分がさわったCADのみ説明していきたいと思います。

DesignSpark Mechanical(←クリックでサイトにジャンプします)
デザインすパーク
こちらはRSコンポーネンツという電子部品の販売メーカーから提供されている3DCADです。ラズパイとかの販売元はここです。このCADの特徴は数万点の電子部品のパーツをインポートできることです。そのため自分は俺は電子系ということもありはじめはこのCADを使ってみました。とにかく電子部品が充実しているので基盤の作成なんかに重宝しそうです。比較的感覚的に操作できるのでとりあえず3DCADやってみたいという方にはおススメです。

そして今回の特におすすめなのが
Fusion360(←クリックでサイトにジャンプします)
フュージョン
提供元は天下のAutodeskです。Autodeskでは他にも3DCAD(INVENTORとか)がありますがどれも学生期間すなわち3年のみ無料となっています。しかしこちらは非営利目的であれば永遠に無料で使えます。かつグラフィックなどの設定が細かにできるため自分の低スペックノートパソコンでも使えちゃいます。まさに学生の味方ですね。使ってみた感想としてはアセンブリ(組立)に強いなという印象ですね。拘束条件を与えることで干渉のチェックとかもできそうです。

下に実際に自分がつくってみたものを載せてみました。
GIF.gif
作品名:台座に刺さった何か

あとFusion360のもう一つの良い点は参照先があることです。
特にいそぷろ氏のFusionの解説サイト(←リンクあり)がかなり役に立ちました。いそぷろ氏はyoutubeで実際に作成の様子も公開しているためそちらを見ながら作成するとさらにはかどります。Fusionに関してはいそぷろ氏の功績があってのものといっても過言ではないかと。今月に本を出版されたそうなのでぜひ大学に蔵書として完備してほしいですね(すでに購入申請済み)。

以上無料で使えるCADの紹介でした。これからヒュー研にもぜひ3DCADが浸透してほしいですね。

最後に今回紹介させていただきましたCADの提供元である鍋テック様、RSコンポーネンツ様、Autodesk様 また、ブログの作者であるいそぷろ様いつもお世話になっております。今後ともよろしくお願いします。

ではまた来週(^-^)/
編集 / 2016.07.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.89 ~配線のお話~
カテゴリ: 未分類
どうもどうもこんにちは
暖かくなってきたどころか暑くなってきて周囲で変な人が増えた今日この頃
いかがお過ごしでしょうか
お久しぶりですオダです

今回は配線についてのお話ですよ
発端は昨日、モーション付しようとしていたときにスイッチとマイコンを繋ぐ導線が煙を吹いたんですねぇ…
それがコチラ↓

電源

被覆溶け焦げてます
どうやらより線が劣化していたらしく導線が異常に発熱したのが原因でした
マイコンやサーボが壊れなかったのが幸いでした
定期的に配線は点検と交換をしましょう

こんなことがあったので一部配線を作り直しているんですがヒュー研で使ってる配線て被覆が2種類あるんですね

2三芯線

右がジュンフロン電線で左が架橋ポリエチレン電線らしいです(違ってたらスイマセン)
※ジュンフロン電線の「ジュンフロン」は株式会社、潤工社の登録商標です
ジュンフロン電線、被覆をハンダゴテ等で熱すると収縮するんですね
知らんかったよ

剥けない

あれ?収縮しないんですが?
ある情報筋によるとジュンフロン電線らしいんですがねぇ

一方おなじみポリエチレン電線はハンダゴテなんかで熱すると変なニオイ出して溶けますので
ワイヤーストリッパーで剥きましょ

三芯線
(てかヒュー研いっつも細い三芯線しか買ってないけど太いの予算で買ってくれないかなぁ…丈夫だよコレ)

これ以上長々と書くとキリがないんで今回ここまで
いずれ機体の紹介もします

じゃあ次回もお楽しみに(^-^)/
編集 / 2016.07.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR