活動報告No.86 ~Futabaサーボ分解編~
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
スマホ(XperiaZ1)をポケットに入れたままスクワットをしたら画面が割れたタカハシです。
保証が適応されるということで交換してもらったのですが、XperiaZ1→XperiaZ1という交換のため(現在主流はZ5ゆえに)何とも言えない気分です。ヽ( ´_`)丿
学内を見てみると僕と同様にXperiaを使っている率は高いように感じます。これは電大ならではのiphoneに対する廚二病的反抗心なのでは?と思います。お隣の大東文化大は逆にiphone率が高いんじゃないかなぁ….全国の大学のスマホのメーカーシェア率なんて調べたら面白そう。

さて話を本題にもどし、今週から2回にかけてFutabaサーボの分解と修理について書いていきたいと思います。

きっかけですが先週予告した通りロボゼロの左肩が死んだことにあります。
DSC_9132.jpg
ホーンを回してみると何の抵抗もないことからギアが欠けている可能性が高いと考えられます。メーカーが交換用のギアセットを安く出しているのとブログの書くネタが無いということもあり分解してギアを交換することにしました。

サーボギア部
DSC_9135.jpg
白いのはグリスです。普通のモーターギアから4つのギアを経由して出力軸につながっています。ちゃんとベアリングが入っているのがポイントですね。格安のサーボだと入ってません。ロボゼロ及び304MRは樹脂ギアです。樹脂ギアは今回のようなギアの欠けるデメリットもありますが、逆に言えばギアが砕けてくれるので回路は死なないためランニングコストはいいといえるかもしれません。

サーボ回路部
DSC_9139.jpg
黒くて穴が開いているのがポテンションメーターです。これでサーボの角度を測ります。

今回壊れた部分
DSC_9144.jpg
モーターギアから見て三枚目が砕けていました。赤く囲ってあるところが砕けた部分です。上のひじきみたいなのが欠けた部分です。

今週は一年生が買い出しに行くそうなのでついでにギアセットを買ってきてもらます。間違って金属ギアセット買ってきてもいいんやで( ^ω^ )

次回「Futabaサーボ修理編」

ではまた来週 (^-^)/
スポンサーサイト
編集 / 2016.05.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.85 練習会に行ってきた~交流編~
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
「ラーメン、つけ麺、油そば」(゚∀゚)
どうも週一でラーメン屋に行く男、タカハシです。行くというよりは連れていかれるという方が正しい笑
個人的には川越にある”まぐろラーメン大門”がおすすめですね。あっさりとしつつも魚介系のうまみを逃がしていないのが特徴です。

そんな食レポはさておき昨日に引き続き練習会について書いていきたいと思います。今回は交流編ということでロボットユーザー様との交流を通して見た聞いたことを画像をふまえながら書いていきます。

RAKUさんのゲルググ
222222.jpg
驚くべきことにこの外装....アルミでできてるんです。デカトロンの頭を作ったから言えることですがアルミで曲面を作るのはマジで地獄です。すげーなーー。アルミの個人的に好きなところは動かすうちに傷がついてだんだんそれがいい感じになるとこですね。傷は男の勲章ってベーブレードでも言ってたし。

イガアさんのスコープドッグ
DSC_9109_2016052500065129d.jpg
こちらの外装はプラモデルをそのまま使ってるそうです。スケールを崩さないようにサーボを切り刻んでいるとか、太ももや二の腕らへんにモーター本体が見えますね。プラモを動かすとは、まさにプラモ狂四郎!.....なんて言ったって近頃の若者にはわからんのだろうなぁ。。。。。まぁ僕は成人してないんだけどね笑

いしかわさんのレイズナー
DSC_9116.jpg
頭のコックピットに人が乗っているのがたまりませんねぇー。外装はアルミと樹脂を併用しており、樹脂は「DMM.make AKIBA」の3Dプリンターで作っているそうです。使ってみたいな3Dプリンター....そのためには3DCADできなきゃいけないんだけどね。やるか3DCAD

一沢さんの小型多軸ロボットとロボゼロ
DSC_9112_20160525003011419.jpg
下半身のサーボはSAVOXというメーカーのものらしいです。そのほかは僕のロボゼロと同様にVSTONEマイコンに双葉サーボとほぼおなじだったのでとても親しみを感じました。何より一沢さんが優しかったです。電大の一年生にもいろいろと教えていただきました。ありがとうございます。

おまけ
DSC_9114.jpg
ゲルググとレイズナーに追いつめられる電大の冷蔵庫(ソルガムコーン)

ブログでは数機体しか紹介できませんでしたが今回の練習会は大変多くの方が参加されました。僕の好みから小型多軸&外装の方との交流に偏ってしまいましたが、これからはその他の方とも交流を深めていきたいものです。

最後に今回写真の撮影を快く承諾された皆様ありがとうございました。

次回予告「ロボゼロの肩死す」
ではまた来週(^-^)/
編集 / 2016.05.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No.84 練習会に行ってきた~浅井ネジ編~
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
実験レポートが無いという天国のような一週間が終わったタカハシです泣

さて先週ですが練習会に行ってきました( ̄^ ̄)ゞ

自分が初めて練習会に参加したのはちょうど一年前のことでその時は機体をも持たず何を聞いたらいいのかもわからない状態で行ったので一年を通して二足歩行とロボットに対する理解が深まったなと感じながら練習会の時を過ごしました。

今回の練習会ですが浅井ねじさんで工場見学&ねじ狩りがありました。僕自身はこれに関しては初参加だったのですが、大変興味深いものだったので今回は浅井ねじさんについて書いていきたいと思います。

もともとヒューマノイド研究部では浅井ねじさんのネジを使っていたのですが、練習会に参加する機会を逃しネジが尽きてきており最近は市販のものを使っていました。使っててわかるのがやはり市販のものだとしっくりこないんですね。これが。ヽ( ´_`)丿
まぁここからは画像を見せながら書いていきます。僕には文才が無いのでね。

まず外観
DSC_9104.jpg
ポップなロボットに『ねじなめんなよ』の文字が.....肝に銘じておきましょう!

次に工場内
DSC_9105.jpg
超簡単に説明すれば右はネジ頭を作る機械、左はネジ山を作る機械です。
油でテカってる機械がカッコいいですね。僕はこれをみて甲鉄城のカバ○リが頭に浮かびました。

詳細はこちらの動画で↓


次に浅井ねじと市販ねじの比較
浅井ねじ
左が浅井ねじさんのネジ、右が市販のネジ。
ネジ頭が低いのはもちろんだが、十字のキレがいいのにも着目してほしい。市販品だとまぁなめる...なめる。

ネジ山の作成体験
DSC_9136[1]
左はネジ山を掘る前、右がネジ山を掘った後。
本来は機械でやるものですが今回は手動でやらせてもらいました。こんなにも小さいネジ山を掘るのにまぁ力のいること!

今回の工場見学&ねじ狩りを通してネジ一本一本に魂を感じるようになりました。まさに『ねじなめんなよ!』ですね。ネジはロボットの骨の一部ですから今後は浅井ねじさんのネジを無駄にしないようにこちらも魂込めて機体をつくりたいものです。

次回は練習会~交流編~を書きたいと思います。
それではまた来週(^-^)/.......いや、忘れないうちに明日に書きます!
編集 / 2016.05.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告NO.83
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用

今週は実験が無いので比較的余裕のある生活を送っているタカハシです。

さて今週のヒュー研はというと一年生が企画書を書き進めているのと二年生が練習会に向けてモーションを付けているというところでしょうか。

一年生は今年も三班で小型×2+大型という感じです。一年生は基本的に11月の文化祭に向けて機体を造るという流れですが正直言って毎年徹夜で完成させてます笑 
今年こそは余裕をもって完成させてほしいですね(迫真)

二年生の練習会に向けてのモーションはというと.....正直かつかつですね泣

だってVSTONEだし...今までKONDOつかってたし....という言い訳は通用しないですね。個人的にはVSTONEの方がモーションはつけやすい気がするかな。左右反転とか中間値を自動で出してくれたりとか。

とりあえず基本的なモーションは練習会までに間に合わせねば......「今年こそは余裕をもって完成させてほしいですね。」とか人のこと言えてないな....時間があるときにやるべきことはやらないとね(´・_・`)

今週のブログはなんか反省文みたいになってしまいましたが、来週はたぶん練習会のこととか書くと思うのでご期待を!

ではまた来週(^-^)/

編集 / 2016.05.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告NO.82
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
どうもどうもこんにちは。
先週の謎ロボット製作者のオダです

今回はそんなわけでこの機体の紹介です。
angler

上から順に見ていくと…
・前攻撃特化の一本腕(ロボゼロの頭はタカハシ氏に頂きました)
・バッテリーの残量がわかる電圧計
・腰のヨー軸をなくし空いた箇所にマイコン等を内蔵
・脚はアングル材をメインに構成
・サーボホーンは近藤科学の小径ホーンBと小径フリーホーンCを採用
とこれまでヒュー研であまり採用されていない特徴を盛り込みました。

総評は
ホラーゲームに出てきそうなキモさ
です...

他にも受信機にBluetoothモジュールを使っているのですが設定に四苦八苦したりとモーション付けをする前から改良点が見えてきたのでそのうち改造するかもです。

今年入ってきた新入生たちがこんなクリーチャー機体を作らないか楽しみです。

一応重量は1kg切っているのでモーションをしっかりつけてROBO-ONE Lightに出るのもいいなぁ.........出るとは言っていません。

ではまた来週(^-^)/
編集 / 2016.05.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告NO.81 GW編
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
昨晩はカップ麺をすすりながらレポートを書いていたタカハシです。なぜ実験がある月曜だけ休みにしないのだヽ( ´_`)丿
もうこれからは土日にレポートは極力書かないで平日中に終わらせようと思います(宣言)

そんなどうでもいい話はさておきヒュー研では4月30日に秋葉原巡りに行きました。(俺はバイトでいけなかったけどな!
この行事は新入生に秋葉原のパーツショップを覚えてもらうためにやってます。
今年からはパーツショップを覚えてもらうのに加えて個人のマイドライバーを買ってもらうようにしました。
個人的にはアネックスの0番のドライバーが好きですね。先端が堅いし回しやすい。

あと今週は我が愛しのデカトロンを解体しました。
デカトロンの紹介(ROBO-ONE公式)←リンク有り
さらばだ ( ̄^ ̄)ゞ

Image_cdb62d3.jpg

振り返ってみるとこの機体は99%のストレスと1%の努力でできてます笑
まぁデカトロンの頭かっこいいでしょ?....うん。そのうち電飾とかもやってみたいなぁ。一応ブースにVSTONEのLEDあった気がするし

次回予告 「謎のロボットあらわる!死ぬなデカトローーーン!」
Image_502b3a8.jpg

ではまた来週 (^-^)/
編集 / 2016.05.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR