NEW ENTRIES
活動報告No114 Webサイトを作ってみよう (1/3) ~学習編~
カテゴリ: 未分類
おはこんばんにちは。怠惰担当0.10*10 年マエダです
最近成人式で暴動あったのどうこうでっていうニュースを見ますが先輩たちは大丈夫かな?私はまだ生後235ヶ月なので来年成人式デス!(`0言0́*)

さて、急に始まったこのWebサイトを作ってみようの回。実はヒュー研の公式サイトをリニューアルしようと、ここ数週間コードをポチポチ手打ちしています。近日公開できるといいんですが、各ブラウザの仕様に振り回されていますので、しばしお待ちを… (´;ω;`)ブワッ

↓スマホ版のプレビューです↓
img1.jpg 

電大の1月はテスト期間なので、今月中はロボから離れた話題が多くなるかも?ヽ(´ー`)ノ

コードをポチポチ打つそんな私が今回と次回、次々回でWebサイトの作り方を学ぶ方法の他にコードエディタ(≒テキストエディタ)やおすすめの無料サーバ、その他フリーソフトの紹介をしていこうと思います。

全体の流れはこんな感じです↓
【今回】
1, Webサイトって何からできている?
2, Webサイトの作り方を学ぶ方法

【次回】
3, 開発環境を整える
4, おすすめの無料サーバ
5, その他フリーソフト
【次々回】
6, ページ1番下の©
7, Webサイトを自動採点してもらう
8, ページをidとパスワードでロックする
9, 多機種対応レスポンシブデザイン
10, ハンバーガーメニューは要らない?
11, 視認性のお話 〜奇をてらうな〜
12, コピペで効率化せよ!
13, あって良かったdisplay: none;



1, Webサイトって何からできている? 

右も左も分からない人は、Webサイトをつくるには何が必要なの?OfficeソフトのWordやPowerPointみたいにつくっていけばいいの?って思うんじゃないでしょうか。
取り敢えずヒュー研の新しいWebサイトのトップページのデータを見てもらいましょう。

2017-01-13 (3)

まぁこんなものです。見ての通り、プログラミングみたいな感じですね。このようにWebサイトはWordのように直感的に作れるものではなく、
HTML CSS
という2つのプログラミング言語を打ち込んで出来上がります。
(本当はHTMLとCSSはマークアップ言語というものですが、便宜上ここではプログラミング言語と呼びます)

HTMLとCSS、基本的にこの2つのプログラミング言語を使っていきますが、モノによってはこの2つ以外のプログラミング言語を使ったりします。
今はHTMLとCSSの名前だけ覚えておけば十分です。

 imgres.jpg


2, Webサイトの作り方を学ぶ方法 

前述のとおり、WebサイトはHTMLとCSSという2つのプログラミング言語で出来ています。でも書き方が分からないし…やっぱ独学じゃ難しい…?

いやそんなことはない。

Progate」という、多種類のプログラミング言語を分かりやすく学べるWebサイトがあります。私はこのサイトにものすんっっっっごくお世話になりました。あ、ステマじゃないですよ(笑)。

[Progateのサイトはこちら]
2017-01-13 (4) 

ヒュー研内でProgateをやったことあるのは私と同期にもう一人です。そのもう一人はProgateについて、「スライドで学ぶから本買って堅苦しく勉強するよりも楽」と言っていました。途中までは無料で学べるので、Progateの学習方法が気に入ったら有料プランに移るのが無難でしょう。

というわけで、「Webサイトを作ってみよう」の学習編はこれで終わりです。次回はProgateでHTMLとCSSを学んで、かつ、
実際に自分でサーバを借りてWebサイトを開設してみたい!
または
とにかく実践してみたい!
という人向けに記事を書いていきます。今日のところは取りあえずProgateを覗いてみてください。

ではでは(^^ゞ
スポンサーサイト
編集 / 2017.01.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No113 (近藤科学の)サーボホーンの話
カテゴリ: 趣味
どうもどうもこんにちは
新年あけましておめでとうございます
オダです。└(┐卍^o^)卍ドゥルルル
今年もヒュー研ブログは普段通りに真面目なヒュー研活動をお送りしていきたい所存でございますので
コンゴトモヨロシクお願いします

そういえば、
持っているタブレットが中古のせいかバッテリーの持ちがよくないので、
充電しながら動画をたれ流せるスタンドを探しに、ふらふらと某100円均一をうろうろしていたら、
こんなん見つけました
充電スタンド
赤丸の所にmicroUSB端子があって充電可能、お値段100円+税
さっそくタブレットを置いてみたのですがこれ
逆ゥ
端子逆向きじゃねぇか└(┐卍^o^)卍ドゥルルル

はい、今回は近藤科学のサーボホーンを色々と使ってみた感想等をまとめたいと思います。
「うん、知ってた」といった内容のものを書くかもしれません。
そんなときは更新が止まるよりマシと思って「SKATE3」とかで遊んでいて下さい。

この主観レビューが後輩とかが機体を作る際のサーボホーン選択の一助となれば良いですね。
とりあえずサーボモータの出力側につける「サーボホーン」4種類について
まず画像↓
ホーン4種
左から「アルミローハイトサーボホーン(ガンメタリック)」、「ローハイトサーボホーン」、「小径ホーンB」、「アルミクランプホーン」の順で紹介します

「アルミローハイトサーボホーン(ガンメタリック)」
ローハイトガンメタサーボホーン
おそらく電大ヒュー研で一番使われているサーボホーン。
小型機体にも大型機体にも使える万能型でローハイトの名の通り薄いです。
しかしサーボへの固定が甘いとガタついてセレーションが削れます。ホーン側が削れるだけなら交換すれば良いのですが、ファイナルギアのセレーションが削れると交換が面倒です。
あ、寸法とか図面は近藤科学さんの商品詳細ページからご確認ください。

「ローハイトサーボホーン」
ローハイト樹脂サーボホーン
次いで電大ヒュー研でよく使われているサーボホーン。
寸法は「アルミローハイトサーボホーン(ガンメタリック)」全く同じですが樹脂で作られているため軽量です。
小型機体を組み上げて1005[g]とかになったときはこのホーンに取り換えれば1[kg]以下に抑えられます多分。
ただし所詮樹脂製なのでセレーションがアルミ製よりお亡くなりになりやすいです。(ファイナルギア側のセレーションが削れることはありませんが・・・)
個人的には軽量化だけを目的とするなら次に紹介する「小径ホーンB」の方が好きです。

「小径ホーンB」
小径ホーン
電大ヒュー研では来年度予算で買うことになったこれまでは使用していなかったサーボホーン。
他のサーボホーンに比べて直径が16[mm]と小ぶりな上樹脂製のため大型機体には向きません。
というか使いものにならないと思う。
単価も12個入り1,500円+税ととってもリーズナブルです。まぁとにかく軽い、ちっちゃい、安いので小型機体に適しています。
あ、こいつの寸法でブラケットを作ると他のホーンは使えません。
これ使って小型機体作ります(予定)


「アルミクランプホーン」
アルミクランプホーン
電大ヒュー研ではKRS-40XX用のものは使用していなかったサーボホーン。(KRS-6003には同名の別物を使用しています。)
見ての通り一番ごつくて重いです。大型機体用ですね。一番の特徴はその名前にある通りクランプのような構造をしています。
アルミクランプホーン2
上の画像のように黒い飛び出しているキャップボルトを締めることによりセレーション部を締め付けることができます。
つまり、セレーションのがたつきがほぼなくなります。やはり機体のモーションの精度を上げるにはサーボとかの遊びができるだけ少ないことが重要ですからね。ホーンの交換も年に1回くらいのペースで良いのでサーボホーンの中では一番高価ですが割と経済的です多分。
デメリットは高い、分厚くて重い、こいつのためだけにM2.6×5のネジが必要、これ用にブラケットを作ると他のホーンは使えない
サーボに組み付けるときのM3ネジが専用のもの↓
専用と思わしきM3ネジ
まぁこれは代用が効くので無くしても問題はありません。というかいくつか無くしました。
あ、でもあの小さいキャップボルトは無くすと大変なので気を付けましょう。

こんな感じです。フリーホーンについてはまた今度のブログネタにしたいと思います。というかこのまま続けたら記事が長すぎる。

じゃあ次回をお楽しみに└(┐卍^o^)卍ドゥルルル
次回はどっちが書くんですかね?タカハシ氏はそろそろ埼玉に帰ってきているのかな?。└(┐卍^o^)卍ドゥルルルルルルルルルル
編集 / 2017.01.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No112 タップとかスペーサをきれいに切りたい
カテゴリ: 趣味
どうもどうもこんにちは

ふとブログを見たら記事製作をタカハシ氏にぶん投げられていて「これ私が気付かなかったらどうするんだろうなぁ」と思いながらブログを作っている今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

年末年始だろうと作業内容がニクラとあんまり変わってない気がするODAです。
ここ数日このAAが気に入っています→└(┐卍^o^)卍ドゥルルル
作業風景?
機体解体and組み立て中・・・

白黒ブッシュ
ブッシュとかすごい黒々としていて汚い(左のやつ)

最近、このブログを後輩が見ているそうなので何の身にもならない味付けのない白身フライみたいなネタを書くよりは
多少ヒュー研活動の足しになるようなネタを書いた方がいいだろうと何回かに分けてまじめなヒュー研記事を書く予定です。
内容は気分次第です。「うん、知ってた」といった内容のものを書くかもしれません。
そんなときは更新が止まるよりマシと思って「Goat simulator」とかで遊んでいて下さい。

今回は脚を組み立てるときに使ったスペーサやタップをきれいに切れる道具の紹介です。
それがこちら↓
パイプカッター
    /パイプカッターです\
(某100円ショップで400円+税でした)

使い方は簡単
PCセット
①タップとかスペーサを押さえと刃ではさむようにしてセット

PCスジ
②ネジをはめてドライバーでぐるぐる回したりペンチではさんでぐりぐり回したりしてスジをつける

PC断面
③上のハンドルを回して刃をさらに押し付けてはごりごり回すとそのうち切れます。
断面も弓ノコとかで切るよりきれい(主観)

ちなみに足元に転がっていた外径20[mm]内径18[mm]程度の中空円筒のアルミパイプもさっくり切れました
アルミパイプカット

さて、今回はここまでです。
あ、パイプカッターがヒュー研にあるかは知りません。└(┐卍^o^)卍ドゥルルル

そういえば2月に行われる神戸のROBO-ONEに行く予定なんですがホテルの予約とかまだなんですよねぇ…
そろそろ予約が増えて空室が少なくなってくる気がするのですがきっとタカハシ氏がホテルを確保してくれることでしょう。
要望とか文句とか言わないから予約とか勝手に進めてくれても、いいのよ?(私信)

じゃあ次回をお楽しみに└(┐卍^o^)卍ドゥルルル
ちなみに、近藤科学さんのサーボホーンの私的レビューを予定しています。└(┐卍^o^)卍ドゥルルルルルルルルルル
編集 / 2016.12.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No111 製なるクリスマス
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
明日から超次元ど田舎に帰省する二年タカハシです。我が祖国では「ずーげんことさすけねぇ~(訳:そんなことは差し支えないよ~)」といったフランス語より発音の難しいローカル言語が使われています。
そんな超次元ど田舎でブログなど更新できないので年明けのブログ更新は僕ではなくODA氏がやってくれることでしょう。

さて表題の通りクリスマスがありましたね。例年では男子率100%のクリスマス会を開催しリアルに充実した一日を過ごしていましたが、今年はクリスマス会はやりませんでした(たしか会場が取れなかったから)。

だからといって映画や食事に一緒に行ってくれる彼女がいる部員など皆無なので(画面の中にはいるかもしれないが、画面の中から飛び出てくるのは貞子だけである。)、クリスマスイブには秋葉原に買い出しに行き、クリスマスにはアルミを切り出していました。なんと充実しているのでしょう。

かくいう私はサーボの構造を理解したいな~と思いサーボを分解してました。
サーボモーターは結局はフィートバック機能付きのギアボックスでギア比が300~500ぐらいで小型のモーターでもトルクを出せるようになってます。んで回路はどうなっているかというとHブリッジ回路というものが組まれています。ググればわかりますが簡単に言うとH型にスイッチを配置することでモーターの動作を制御する回路です。実際にはスイッチではなくFETを使っています。また高いサーボであれば電流や温度制御を含めたモータードライバとして一つのICにまとまっていたりします。自分の分解したサーボは一個数百円の安物のためICではなくシンプルにFETが四つ入っていました。
FET.jpg

赤で囲ったものがFET。そのうちサーボ制御用の回路とかケースとかを自作出来たらいいですね。やっぱり市販のものは分厚くて見た目を凝った機体には不向き。メーカーから極細のサーボとかだしてくれたらうれしいですね。

こんな感じで徒然なるままに書きましたが来年のクリスマスはさらに充実したものになればいいなーと思います(いろんな意味で)。まぁとりあえずはROBO-ONE Lightに向けた小型多軸機体を早急に作らねばなぁ。うん。

良いお年を!また来年(^-^)/
編集 / 2016.12.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
活動報告No110 Robot Generation(学術研究発表会)に行ってきました。
カテゴリ: 未分類 / テーマ: ラジコン / ジャンル: 趣味・実用
腕時計を今年に入って2つ無くしたタカハシです。
アナログ、カレンダー付き、軽量、樹脂バンド、生活防水の時計が欲しいですね。
クリスマスプレゼントはこれがいいです。サンタさんお願いします。

さて先週の日曜日は中央大学にて行われた学術研究発表会で法政大学主催のRobot Generationに参加しました。
競技内容は障害物競争、ポイントアタック、トーナメントバトルの三つでした。

障害物競争
スクリーンショット (128)
全機体とも完走できてよかったです。ただROB-ONEを意識するならば移動方法にもっと前歩行を積極的に取り入れたいものですね。

ポイントアタック
スクリーンショット (130)
真ん中のオブジェクトを自陣に移動させその得点数を競うもの。回り込んで押し込むのもいいですが、オブジェクトを運ぶモーションがあっても良かったですね。

トーナメントバトル
スクリーンショット (129)
決勝はROBO-ONEさながら見ごたえがありました。このような試合展開をしたいものです。

最終的な結果は
一位、サツ・マイモ
二位、ランプランサス
三位、スプラウト

でした。今回の参加は電大が中心でしたがそのなかでも二、三年の機体が安定して動作しており、それがそのまま結果に出たかなという印象です。一年生はとりあえずは大会一日は安定して動作する機体に仕上げましょうね。

個人的には法政大学の閃光が素晴らしい出来だなぁと思いました。歩行も安易に横ではなく前歩行を徹底しており、動作も非常に安定感がありこういったロボットが作れればいいなーと思います。参考にしましょう。

最後に運営をしていただいた法政大学電気研究会の皆さまへ
CIMG7339.jpg
運営ありがとうございました。

また来週(^-^)/
ps. お姉さまにいただいたホットポットは部室で大活躍しています。
S_5362292674769.jpg

編集 / 2016.12.17 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

ヒュー研の中の人

Author:ヒュー研の人
このブログは東京電機大学理工学部ヒューマノイド研究部の公式ブログです。2012年から部に昇格しました!
その日の活動や大会の記録をできるだけ更新していきたいです!!

☆だいたい金曜日前後に更新します☆

FC2カウンター
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム
携帯でみるには↓
QR